〜浅く広い〜情報ブログ【きっとみつかるお得情報】

格安 スマホ SIM どこがいい 徹底比較 【おすすめ ワイモバ UQだった】

ラテ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ラテ
「人生楽しんだもん勝ち」をモットーに色々な事に挑戦中!やりたくなったら直ぐにやってしまう。だから失敗も多い、ホントに多い。 でも、決して折れない鉄の心を持っているポジティブで、超せっかちな40代おっさんです。 失敗から導きだされる成功の方程式をブログにて発信中 きっと、気になる失敗(記事)が見つかるはずです!

皆さんこんにちは、いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。

格安スマホが安いのは分かっているけれど、どこ選んだらいいか分からない。

ネットで検索しても山のようにようにでてくる…。

一度でベストの格安のスマホを選べたら最高です。

そこで、簡単に格安スマホをの会社を選ぶときに重要なポイントは3つです。

格安スマホ3つの重要ポイント
  1. 料金
  2. 通信速度
  3. サービス(店舗数・満足度)

この3つポイントをしっかり押さえて選べば、満足して格安スマホに変えることが可能です。

そして、重要なのは総合点です。

料金が安くても通信速度が遅くては満足できません。

通信速度が早くても料金が高くては満足できません。

困った時にサビースが充実していっると安心です。

なので、満足度を高めるのは上記の3つのポイントを総合的に考えることです。

で、結論から言ってしまえば総合点が高い会社は下記の2つ。

Y!mobile(ワイモバイル)

UQモバイル

このどちらかを選べば失敗することはありません。

この記事では、有名な格安スマホを5社を徹底比較します。

そして、Y!mobileとUQモバイルの2つに絞り込まれる理由を分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

格安スマホ SIM どこがいい 徹底比較

現在、格安スマホを提供している会社は無数にあります。

しかし、激安というキーワードだけで判断するのは非常に危険です。

なので、ここでは比較的口コミがよく、契約者の多い5社に絞って比較していきます。

  • 楽天モバイル
  • ラインモバイル
  • ビックローブモバイル
  • Y!mobile(ワイモバイル)
  • UQモバイル

正直この5社から選べば、満足度高めですが、さらに深掘りし検討することで満足度を高めることが可能です。

スポンサーリンク

【料金】比較

料金を各会社ごとの比較していきます。

選ぶプランにより料金の変動があります。

ここでは、各会社ごとの最安料金で比較していきます。

比較しやすよいうに1年目の割引等は含んでいません。

通信量通話プラン料金
楽天モバイル2Gかけ放題10分/回無料¥2,980
ラインモバイル3G従量課税(10円/30秒)¥1,690
ビックローブモバイル3G通話パック60/3分かけほ¥2,200
Y!mobile3Gかけ放題10分/回無料¥2680
UQモバイル3G従量課税(20円/30秒)¥1980

上記の表は割引等を含んでいない料金です。

楽天モバイルの1年目の料金は楽天会員・ダイヤモンド会員など条件を満たすと980円と非常に安いです。

しかし、2年目以降の値段は2,980円ととても高額です。

1年目は割引で安くみせかけて、2年目以降は他社と料金が変わらないとかよくあります。

なので、料金プランは1年目だけでなく2年目以降もよく確認し考えるのが吉です。

又、ラインモバイルとUQモバイルは通話料金を含まないプランだと非常に安いです。

なのでライン電話等以外を多く使用する会社員等は、プラス通話プランの契約が必須となります。

料金プランポイント
料金プランは1年目だけでなく2年目以降もよく確認

通話プランを含んでいない可能性あり、通話プランを含め総合的に判断

スポンサーリンク

【通信速度】比較

通信速度を比較していきます。

そもそも、なぜ通信速度が遅くなるのか?

それは、格安スマホを提供している会社は。大手会社(ドコモ、ソフトバンク、au)の通信設備を借りています。

なので、通勤時、お昼、夕方など皆んが一斉に使用する状況だと通信速度に差がでてきます。

そして、通信速度が遅いと通信できないなで色々と弊害がでてきます。

通信速度が遅いとどんな状況になるかというと、たとえばこんな感じです。

  • 通勤時にユーチューブを見ようと思ったけれど見れなかった。
  • お昼にコンサートのチケットを取ろうとしたけれど繋がらなくてチケットを取れなかった。
  • 帰宅時に欲しい商品を検索しよと考えていたができなかった。

今まで当たり前に出来ていたことができないと、結構なストレスとなります。

なので、格安スマホを選ぶうえで通信速度は非常に重要な項目となります。

▼通信速度評価基準

4Mbps〜高画質の動画視聴可能
2Mbps〜中画質の動画視聴可能
1Mbps〜軽いwebサイトは閲覧可能
×〜1MbpsLINEやメールは可能

 

▼通信速度比較表

お昼夕方総合
楽天モバイル
ラインモバイル××
ビックローブモバイル
Y!mobile
UQモバイル

 

通信速度ポイント

Y!mobileとUQモバイルの通信速度は大手キャリアなみ

ビックローブモバイルもお昼を我慢できるならあり

注意点としては、通信速度の影響は都内や人が多いところが影響を受けやすいです。

なので、私のように田舎等で人が少ないところで使用する際はこの限りではありません。

しかし、通信速度はどこでも少なからず影響を受ける事は頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

【サービス(店舗数・満足度)】比較

何か困った時、実店舗があると安心します。

ネット等で検索しても解決できない問題も実店舗にいけば解決することが可能です。

そして、何か困った時、電話したも繋がらなかったりすると困ります。

そう言った部分も含めて、総合して満足度を比較していきます。

▼サービス比較表

実店舗数満足度(口コミ)総合
楽天モバイル500
ラインモバイル630
ビックローブモバイル320
Y!mobile4000
UQモバイル2700

比較してみましたが、店舗数に差があるものの総合的に考えてばどれも変わらないレベルです。

困った時に相談できる店舗があれば便利ですが、実店舗に行かなくても解決できることもあります。

しかし、どこの格安スマホも実店舗で申し込むよりネットで申し込んだ方がお得に契約できます。

サービスポイント

Y!mobileとUQモバイルは実店舗も多く満足度が高い

店舗等を利用する頻度が低ければどれも同じレベル

どの会社も申し込みはネットがお得

格安 スマホ SIM おすすめはY!mobileかUQモバイルの2択

格安スマホを考えるうえで下記の選択肢は非常に重要です。

格安スマホ3つの重要ポイント
  1. 料金
  2. 通信速度
  3. サービス(店舗数・満足度)

そして、もう一つ重要なことはこの3つのポイントを総合的に考える事。

▼5社総合比較表

料金速度サービス総合
楽天モバイル
ラインモバイル×
ビックローブモバイル
Y!mobile
UQモバイル

 

料金、通信速度、サービスの総合点が高いのは「Y!mobile」「UQモバイル」です。

なので、「Y!mobile」と「UQモバイル」のどちらかを選べば失敗することはありません。

 

「Y!mobile」

UQモバイル

 

正直「Y!mobile」「UQモバイル」このどちらを選んでもお得で満足度は高いです。

しかし、更に深掘りして考えると自分にぴったりの格安スマホを選ぶことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

では、また!

この記事を書いている人 - WRITER -
ラテ
「人生楽しんだもん勝ち」をモットーに色々な事に挑戦中!やりたくなったら直ぐにやってしまう。だから失敗も多い、ホントに多い。 でも、決して折れない鉄の心を持っているポジティブで、超せっかちな40代おっさんです。 失敗から導きだされる成功の方程式をブログにて発信中 きっと、気になる失敗(記事)が見つかるはずです!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ラテのブログ , 2020 All Rights Reserved.