〜浅く広い〜情報ブログ【きっとみつかるお得情報】

ドコモ更新月の確認方法 【更新月は3ヶ月】 注意点も合わせて解説

ラテ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ラテ
「人生楽しんだもん勝ち」をモットーに色々な事に挑戦中!やりたくなったら直ぐにやってしまう。だから失敗も多い、ホントに多い。 でも、決して折れない鉄の心を持っているポジティブで、超せっかちな40代おっさんです。 失敗から導きだされる成功の方程式をブログにて発信中 きっと、気になる失敗(記事)が見つかるはずです!

皆さんこんにちは、いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。

本日はドコモ解約月確認方法を解説します。

格安スマホするに変えるならば、更新月に変えるのが一番お得です。

なので格安スマホに変えようと思ったら、更新月の確認はとても重要です。

この記事では、ドコモの更新月の確認方法を分かりやすく解説、さらに途中でプランを変更した方等の注意点も合わせて解説しています。

約1分でドコモの更新月の確認ができますので是非チェックして下さい。

スポンサーリンク

ドコモ 更新月 確認方法 は2つ

更新月の確認方法は非常に簡単です。

  • My docomo
  • 電話

この2つの方法があります。

それぞれ説明していきます。

My docomoでの確認方法

My docomoで確認する方法を説明します。

1.スマホからMy docomoにログインします。

2.ログインして表示をクリックしログインしてください。

ログインするためには、dアカウントIDとパスワードの入力が必要です。

3.「契約内容・手続き」をクリックします。

全てのご契約内容の確認をクリック。

4.更新月を確認

ご契約プランで更新月を確認できます。

ご契約プランに「更新月は2020年◯◯月です」と表示されます。

下記のように何も記載されていなば更新月ということです。

 

電話で確認する方法

ドコモのインフォメーションセンターに電話で確認することができます。

ドコモインフォメーションセンター

ドコモ携帯で151に電話

フリーダイヤル0120-800-000

受付時間9:00~20:00(年中無休)

注意点として本人確認のため、ネットワーク暗証番号の確認があります。

ネットワーク暗証番号とは契約時に設定した4桁の暗証番号です。

ドコモIDのパスワードとは違うので注意しましょう。

スポンサーリンク

料金がかからず更新できるのは3ヶ月

更新月とは、スマホやタブレットで2年縛りの契約をしている方の契約の更新できる月をさします。

例をあげると、2018年3月に2年縛りで契約を更新したのならば、

契約更新月は2020年3月となります。

コレが更新月です。

2016年以前のルールでは更新月は契約満了月の1ヶ月間とされていました。

しかし、2019年の法改正により満了月から3ヶ月となりました。

なので契約更新月(解約満了月)が2020年3月であれば、

2020年3月、4月、5月に契約を解約すれば違約金等がかかりません。

しかし、途中でプランを変更した方等は、注意が必要です。詳しくは下記の項目で説明します。

スポンサーリンク

注意:途中で料金プランを変更した人

ドコモで契約している方であれば、2019年の新料金プランにより料金プランを変更した方が多数います。

「ギガホ・ギガホライト」このプランに変更されたと思います。

私も2019年の12月にギガホライトに料金プランを変更しました。

ギガホライトの定期契約なしで契約しました。

私と同じように、定期契約なしの料金プランに変更した方は注意が必要です。

定期契約なしのプランに変更したらといって、今までの契約で定期契約が残っている際はその更新月が引き継がれます。

例をあげて説明します。

私は、2018年3月にドコモと契約更新しました。

当時は2年縛りという契約でドコモと契約更新をしました。

なので違約金がかからず、違う会社に乗り換えることができるのは、

2020年3月、4月、5月の

3ヶ月間です。

しかし、ドコモが新料金体系を発表したので、

2019年12月にギガホライト定期契約なしで契約しました。

ここで定期契約なしで契約したからといってすぐに適されるのではなく、

2018年3月に2年縛りで契約しているのでこの契約が引き継がれます。

なので、ギガホライト定期契約なしで契約したとしても従前の契約が引き継がれる事を忘れずにいてください。

なので、2018年3月に2年縛りで契約してたのであれば、途中で定期契約なしにプランを変更したとしても違約金がかからず更新できるのは、

【2020年3月、4月、5月の3ヶ月間】ということになります。

機種代金の残債

端末代購入サポートやスマホの機種代金の残債がある方も注意が必要です。

解約月によっては、端末代の残金+違約金など高額な支払いになる可能性があるのでよく確認しましょう。

スマホの残債は先程のMy docomoのページで確認できます。

機種変更応援プログラムプラスで確認できます。

私の場合は24ヶ月で返済を終了してので残債はありません。

機種変更応援プログラムプラスに残債が残っている場合は残り何ヶ月残っているか表示されます。

スポンサーリンク

更新月を確認してお得に格安スマホへ

格安スマホに変える際は、ベストなタイミングで変更すれば違約金等が発生せず格安スマホに変えることができます。

しかし、人それぞれ格安スマホに変えるタイミングは違います。

なので良く確認しベストのタイミングで変更することがおすすめです。

しかし、契約状況では更新月を待たずに格安スマホに変えたほうがお得の場合もあります。

よく確認し、お得に格安スマホに交換しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

では、また!

この記事を書いている人 - WRITER -
ラテ
「人生楽しんだもん勝ち」をモットーに色々な事に挑戦中!やりたくなったら直ぐにやってしまう。だから失敗も多い、ホントに多い。 でも、決して折れない鉄の心を持っているポジティブで、超せっかちな40代おっさんです。 失敗から導きだされる成功の方程式をブログにて発信中 きっと、気になる失敗(記事)が見つかるはずです!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ラテのブログ , 2020 All Rights Reserved.