ダイソン V8 バッテリー 前期 後期の見分け方 おすすめバッテリーを紹介

本日は、ダイソンコードレスクリーナーV8 fluffyのバッテリー交換についてのお話です。

コードレスクリーナーは非常に便利ですが、いつかはバッテリー交換をするしかありません。

そして、ダイソンV8のバッテリー交換で注意しなければいけないことがあります。

ラテ
ラテ

前期、後期型でバッテリーの形が違うという部分です

パッと見は同じなのですが、よく確認すると先の形状が少し違います。

ちょっと分かりづらいですが、前期、後期と先端の形がが違います。

なので「どれを注文をしたらいいの?」と疑問に思う人も多と思います。

バッテリーの選択肢は「純正バッテリー」「互換バッテリー」の2つあります。

特徴をまとめるとこんな感じです。

「純正バッテリー」と「互換バッテリー」それぞれ特徴が違います。

ラテ
ラテ

結論、自分にあったバッテリーを購入でOKです

ちなみに私は、安定の純正バッテリーを選びます。

でも、互換バッテリーが魅力的だなって思う部分もあります。

なので、重要視する部分は人それぞれなので、選び方も人それぞれ。

この記事では、ダイソンV8バッテリーの前期・後期の見分け方、そして純正バッテリーと互換バッテリーのメリットデメリットについて分かりやすく解説します。

前期、後期に対応しているおすすめバッテリーがこちら。

この記事はこんな人におすすめ
  • ダイソンV8バッテリーの前期、後期の見分け方
  • 純正バッテリーの注文方法
  • ダイソンV8前期、後期対応おすすめバッテリー
  • バッテリー交換方法
  • バッテリーを長持ちさせるコツ

ダイソンV8バッテリー前期、後期の見分け方

はじめに、ダイソンV8バッテリー前期、後期の見分け方について解説します。

バッテリーの前期、後期を見分ける方法は3種類あります。

前期・後期の見分け方
  • 製造番号(シリアルナンバー)
  • バッテリーを外して確認
  • 製造年から判別
ラテ
ラテ

簡単でおすすめは、製造番号での確認です

製造番号(シリアルナンバー)は掃除機本体と取り扱い説明書に書かれてい簡単に確認できます。

それぞれの方法について深掘りして解説します。

製造番号(シリアルナンバー)から確認

まずはじめに製造番号からの確認方法です。

流れを確認しましょう。

STEP.1
製造番号を確認
掃除機本体、取り扱い説明書で確認します
STEP.2
ダイソンホームページ
STEP.3
製造年を確認
ホームページで製造年月日を確認します
STEP.4
完了
2017年9月以前→前期、2017年10月以降→後期

製造番号(シリアルナンバー)の確認方法について解説します。

ダイソンの掃除機にはの製造番号のステッカーが貼られています。

貼っている場所は2箇所。

  • 掃除機本体
  • 取り扱い説明書

掃除本体の確認方法について解説します。

掃除機本体バッテリーの裏側を確認してください。

こちらに製造番号のスッテカーが貼られています。

次に取り扱い説明書での確認方法について。

取り扱い説明書の最後のページにステッカーが貼られています。

この2箇所で製造番号を確認しダイソンホームページで入力して下さい。

ダイソン 付属品および交換用パーツの検索・購入

ここで検索すると、バッテリーの型式や年式が分かります。

年式がわかれば前期、後期が分かります。

2017年9月以前→前期

2017年10月以降→後期

もちろん、ダイソンのホームページから純正バッテリーを注文するこも可能です。

バッテリーを外して目視で確認

目視で見分ける方法は、バッテリーの先の形状を確認すればOKです。

バッテリーの取り外し方法について解説します。

バッテリーを外すには、ネジを3本取り外す必要があります。

プラスドライバー1本あれば、簡単に取り外すことができます。

注意

ナジがなめやすいので、注意!

サイズの合ったドライバーを使いましょう

ドライバーセットは、お家にあると便利です。

ピンセットもあると劇的に作業効率がアップしますよ。

緑丸の部分のネジ3本を外しましょう。

この3本のネジを取り外せば簡単にバッテリーを取り外すことができます。

次に取り外した、バッテリーの先の形状を確認して下さい。

製造年月日からの確認方法

製造年月日で前期、後期を確認することができます。

2017年9月以前→前期

2017年10月以降→後期

注意点としては、商品を購入した日ではなく製造された年月日という部分です。

なので、微妙な時期に購入した人は、バッテリーを取り外して確認しましょう。

ダイソンV8 おすすめバッテリー

次にダイソンV8のおすすめバッテリーについて解説します。

バッテリーは、純正バッテリー互換バッテリーの2つの選択肢があります。

私のイメージはこんな感じです。

ラテ
ラテ

重要視するポイントを考えて、バッテリーを購入しましょう

ダイソンV8 純正バッテリー購入方法

ここでは、純正バッテリーの購入方法について解説します。

メリットとデメリットはこんな感じです。

メリット
  • 商品の品質が高い
  • アフターサービスが最高
  • 注文から商品到着が早い
デメリット
  • ダイソンからしか購入できない
  • 値段が高い(¥9180)

純正バッテリーの強みは、商品の品質安心感です。

商品の品質も高いですが、何かトラブルがあればすぐに対応してくれます。

純正バッテリーを購入したけれど、何か調子が悪い、、、

そんな時は、ダイソンに連絡すればすぐに対応してくれます。

対応のスピードや質の高さは、神対応レベルです。

しかし、互換バッテリーに比べると値段は高めです。

ダイソンV8純正バッテリーの値段は、¥9180(送料無料)

どのモデルも互換品と比べると値段は高いです。

そして、純正バッテリーはダイソンからしか購入できません。

でも、注文方法はともて簡単です。

ダイソンのお客様相談室に電話にて問い合わせます。

製造番号(シリアルナンバー)を伝えれば対応してバッテリーを購入できます。

MEMO

お電話でのお問い合わせ

話そうダイソンお客様相談室

TEL 0120-295-731  9:00〜17:30

※年末年始、ゴールデンウィーク等、都合によりお休みさせていただくことがございます。

電話して在庫があれば早急に発送してくれます。

早くて翌日には到着します。

ダイソンV8 前期・後期対応 バッテリー

メリット
  • アマゾンなどで購入可
  • 純正品より性能が高い
  • 純正バッテリーに比べ安い
デメリット
  • 商品の品質が不安定
  • アフターケアがイマイチ

次に前期・後期の両方に対応できる互換バッテリーについて解説します。

互換バッテリーのイメージは、ちょっと怖い!というのが私のイメージです。

なので、私は純正バッテリー派と言いましたが、

アマゾン等で確認すると口コミの良い互換バッテリーもちらほらあります。

しかも、保証付きやバッテリーの容量が大き物まで。

さらには、前期、後期両方に対応するバッテリーまで販売されています。

なので、正直、次バッテリー購入するなら、互換バッテリーもアリ!

って気持ちになっています(笑)

ということで、販売されている前期、後期の両方に対応している互換バッテリーを紹介します。

そして、保証ありの商品を紹介します。

1年保証付きで値段もリーズナブル。

ソニー製のセルを使用している高性能モデル、1年間の国内対応の保証付きで安心です。

値段はやや高めですが、安心できるバッテリーを探している人のおすすめです。

Amazonで購入を考えている人はこちらを御覧ください。

ちょっと、お得に購入できるかもしれません。

>>Amazonギフト券チャージキャンペーン【2000円還元!お得にお買い物】

ダイソン V8  バッテリー交換方法

次にバッテリーの交換方法について解説します。

「純正バッテリー」と「互換バッテリー」の交換方法は同じ手順でOKです。

そして、バッテリーの交換は、ドライバーが1本あれば交換可能。

手順を説明すると、

ネジを3本外す→旧バッテリー取外→新バッテリー取付→ネジ3本取付。

以上です。

写真で説明していきます。

ちなみに、ダイソン純正バッテリーの説明書はこんな感じです↓

ネジ3本の場所です。

バッテリーの先端に1つ、裏側に2つ付いています。

緑丸の部分のネジ3本を外しましょう。

注意

ナジがなめやすいので、注意!

サイズの合ったドライバーを使いましょう

古いバッテリーを外して、新しいバッテリーを付けて3本ネジを取り付ければ完了です。

バッテリー交換方法まとめ
  • ネジ3本を外して戻すだけで非常に簡単
  • プラスドライバー1本で交換できる
  • ネジがなめやすいので注意

これでバッテリー交換完了です。

バッテリーを長持ちさせるコツ

次にバッテリーを長持ちさせるコツについてお話ます。

私はMAXモードが大好きで、MAXモードの使い過ぎて、バッテリーが1年で昇天しました。

ダイソン V8 fluffy MAXモードで使い続けたら1年4ヶ月しかもたなかった!

この苦い経験で、バッテリーを長持ちさせる方法を学んだので皆さんもお伝えします。

バッテリー長持ちさせるポイントは2点です。

MEMO
  • バッテリーに負荷をかけ過ぎない
  • フィルターの掃除はこまめに

ダイソンのバッテリーは、リチウムイオンバッテリーを使用しています。

リチウムイオンバッテリーは、使いすぎるより早めに充電することにより長持ちさせることができます。

また電力の消費の激しい使用方法は、バッテリーを劣化させます。

なので、私が使用していたようなMAXモードを乱用する使用方法は一番バッテリーの劣化を早めます。

なので、汚れている場所や畳、フローリングなど状況に合わせて、通常モードとMAXモードを使い分けることによりバッテリーを長持ちさせることができます。

フィルターの掃除

次にフィルターの掃除についてです。

下記の写真の部分にフィルターがあります。

このフィルターを掃除してきないと汚れてしまい、フィルターが詰まってしまう状態になってしまいます。

フィルターが詰まると作業効率が悪くなり、バッテリーに負荷をかける状態になってしまいます。

上記で説明したように、バッテリーに負荷をかけることは、バッテリーの劣化を早めるので定期的に掃除しましょう。

フィルターとはここの青い部分のことです。

綺麗にみえても汚れているので定期的に掃除しましょう。

まとめ バッテリーが弱ったら早めの交換が吉

ダイソンV8のバッテリーについて解説してきました。

コードレス掃除機って便利なので、我が家では毎日使ってます。

きっと、皆さんのおうちもそうだと思います。

使っていてすぐバッテリーがなくなったり、吸引力が弱かったりではストレスがたまります。

毎日使うものだからこそ、バッテリーが弱ってきたと感じたら、早めの交換がおすすめです。

そして、純正バッテリーと互換バッテリーにはそれぞれ特徴があります。

ラテ
ラテ

自分が重視する部分を考えて、自分に合ったバッテリーを購入しましょう

互換バッテリーおすすめはこちら

1年保証付きで値段もリーズナブル。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

では、また!

1 COMMENT

gousansui

失礼致します。アマゾンでの中国の出品者林遠と申します。ブログを拝見しました。弊社のダイソン掃除機のバッテリーレビューブログ記事を書きしてくれませんか。こちらは無料でサンプルを提供します。御返事お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です