〜浅く広い〜情報ブログ【きっとみつかるお得情報】

スノーピーク【たねほおずき】7万時間 玉切れしなかった!ランタン 

ラテ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ラテ
「人生楽しんだもん勝ち」をモットーに色々な事に挑戦中!やりたくなったら直ぐにやってしまう。だから失敗も多い、ホントに多い。 でも、決して折れない鉄の心を持っているポジティブで、超せっかちな40代おっさんです。 失敗から導きだされる成功の方程式をブログにて発信中 きっと、気になる失敗(記事)が見つかるはずです!

皆さんこんにちは、いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。

我が家では、スノーピークの「たねほおずき」を愛用しています。

キャンプ等でも使用しますが、メインの使用方法ではありません。

普通の方とは違った使い方をしています。

メインの使用方法は、寝室での豆救の代わりとして使用しています。

あのオレンジ色のあわい光。

そして、光量が自在に調整できる機能は、豆救代わりとしては最高。

我が家では豆救の代わりとして

8年=2920日=70080時間

使用してきました。

ハイ、玉切れは一度も起こしたことはありません。

現在9年目に突入しています。

冷静に考えると約7万時間以上もつ電球(LED)ってヤバイですよね。

約7万時間以上持つ電球というだけで、超絶オススメする理由にはなりますが、その他にも素晴らしいところが一杯あるんです。

「たねほおずき」の使用時間では、誰にも負けていません(笑)そんな私のインプレ記事。

この記事では、約8年間使用してわかったスノーピーク「たねほおずき」の魅力を分かりやすく解説しますので気になる方は是非チェックしてください。

スポンサーリンク

たねほおずき 豆救の代わりとして

なぜ、「たねほおずき」を豆救の代わりとして使用するようになった経緯を説明します。

豆救とは寝室の蛍光灯等についている、夜中寝る時につけるオレンジ色に光る電球のことです。

昭和生まれの方なら理解できますよね(笑)

私が新しい家を建てた時、高い天井に憧れ、傾斜屋根にしました。

傾斜屋根なんかカッコイイ。

こんなレベルの低い発想から寝室を傾斜屋根に。

で、傾斜のついた屋根に付ける蛍光灯は限られます。

一般的ななシーリングライトは難しい。

なので壁等に蛍光灯やスポットライトを付けるのが定番です。

我が家もこの定番使用でで壁に蛍光灯が付いています。

そして壁につける蛍光灯には、豆救が付いているものがほとんどありません。

なので、我が家の壁面に付いている蛍光灯も豆救がついていませんでした。

豆救なんてなくても困らないじゃんと思っている方も多いと思います。

が、我が家には豆救がないとダメなんです。

その理由は、子供がまだ生まれたばかりだったからです。

真っ暗だと子供の状況がいちいち明かりをつけないと分からない。

ミルクを作る時、不便などなど…

豆救がなくてはならない存在でした。

そして、イケヤの照明や無印の照明器具などいろいろ試しましたが最終的にいきついたのが

スノーピークの「たねほおずき」でした。

  • 大きさ
  • 明るさ
  • 機能(明るさの調整が可能)

どれもが豆救の代わりとしてベスト。

そして、約8年間以上も玉切れをしない事実もあります。

同じように代替えの豆球をお探しの方には、「たねほおずき」超絶オススメです。

スポンサーリンク

スノーピーク【たねほおずき】インプレ

キャンプのテント内のランタンとしてもオススメ!

いや、むしろ豆電球のニーズにほうが少ないですね(笑)

それでは商品データーです。

メーカー スノーピーク
商品名 たねほおずき
値段 ¥4,000
大きさ φ62×75(h)mm
重さ 57g(電池を除く)
使用電源 単四型アルカリ電池×3
防滴使用 IPX4級相当

 

 

たねほおずきのオススメポイントは3つ

  • 大きさが丁度いい
  • 光量調整が最高
  • 固定方法が最高

 

オススメポイントの3つを順に説目していきますね。

大きさが丁度いい

大きさは手のひらサイズで非常にコンパクト!

予備として持っていくのベストサイズ。

コンパクトだからといって、暗くはないので安心して下さい。

小型テントであれば十分な明るさ。

しかし、大型テントとなるとちょっとキツイ。

そんな感じです。

光量調整が最高

たねほおずきの光量調整方法は2つ。

  1. 2段階の固定された明るさ
  2. スイッチの長押しで好みの光量

この2種類が非常に便利です。

自在に光量が調整可能。

この部分が豆電球に最適な理由でもあります。

たねほおずきには、ロウソクのように光がまたたく「ゆらぎモード」を搭載しています。

正直、私はあまり使いませんが…

雰囲気を作りたいときには良いかもせれません。

カップルでのキャンプなどにオススメ(笑)

固定方法が最高

たねほおずきは、本体上部にマグネットキャッチを装備。

通称マグネットキャッチこれがとにかく便利なのです。

マグネットを簡単に取り外すことができます。

マグネットを取り外さずループをフックにかける。

マグネットを取外して別のところにくっつける。

あなたの考えで使い方は無限です!

 

その他の機能

カバーはシリコンで取り外し可能

 

電池は単四アルカリ電池

エネループ等の充電電池でも代用可能です。

充電電池も色々な商品がありますが、

エネループが絶対オススメ!

たねほおずきを約70020時間使用し、私も色々な充電電池を使用しました。

エネループは商品の安定感が別格でした。

安い商品も少ない回数であれば問題なく使えます。

でも、安い商品だと半年もたなかったりと電池の質がよくありません。

安い商品はその確率が高い。

エネループはほぼない。

なのでちょっと高くても、エネループが断然お得です。

スポンサーリンク

まとめ

たねほおずきは、1個持っていると何かと重宝します。

ポイントをおさらいしていきましょう。

たねほおずきのオススメポイントは3つ

  • 大きさが丁度いい
  • 光量が調整が最高
  • 固定方法が最高

電池は絶対にコスパを考えてエネループがオススメ!

そして、最近の異常気象を考えると防災グッズとしてもオススメです。

どんな時でも使えるコンパクト最強ライト「たねほおずき」とりあえず一家に1個あると最高に便利。

是非この機会に購入しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

では、また!

この記事を書いている人 - WRITER -
ラテ
「人生楽しんだもん勝ち」をモットーに色々な事に挑戦中!やりたくなったら直ぐにやってしまう。だから失敗も多い、ホントに多い。 でも、決して折れない鉄の心を持っているポジティブで、超せっかちな40代おっさんです。 失敗から導きだされる成功の方程式をブログにて発信中 きっと、気になる失敗(記事)が見つかるはずです!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ラテのブログ , 2019 All Rights Reserved.