〜浅く広い〜趣味ブログ,バスボート4割,パタゴニア2割

子供と夏休みを全力で楽しむ!最高の思い出の作り方教えます

ラテ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ラテ
「人生楽しんだもん勝ち」をモットーに色々な事に挑戦中!やりたくなったら直ぐにやってしまう。だから失敗も多い!失敗すら笑いに変えるポジティブ思考の超せっかちな40代おっさんです。読まれていないのにポジティブ思考で好きな事を書きまくる雑記ブログ!最近のマイブームは、利根川、霞ヶ浦のアルミボートでバスフイッシング!?でもブログがマイブームに変わりそうな予感(笑)

皆さんこんにちは、いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。

うだるような暑さ。

子供は夏休みで毎日家にいる。

夏なんて大っ嫌い。

いつからでしょうか、、、

こんなに夏が嫌いになったのは、、、

誰だって、子供の頃は夏休みが早くこないかと楽しみにしていました。

子供の頃、夏休みが最高だと思えたのは、ただ休みが長いとかだけではなく、家族旅行や夏ならではの思い出があったからです。

 

夏の思い出

  • 花火
  • 夏祭り
  • 流しそうめん

 

子供達と同じ目線で考えれば楽しいことばりですよね。

私たちは年を重ね、仕事が忙しい、大変、疲れてる等、理由をつけてそんな子供心を忘れてしまったのかもしれません。

夏休みの毎日を楽しませることは難しいかもしれません。

でも、休みの1日ぐらいは子供のために何かをしてあげましょう。

子供達はきっと遊んでくれるのを待っています。

お金をかけなくても、ちょっとしたことで子供たちは楽しんでくれます。

そして、何かのイベントをやるときは全力で楽しみましょう。

いやーめんどくさい。とか言わないで一緒に楽しんじゃうことが最高の思い出を作る秘訣です。

最高の思い出の作り方

  • 子供と一緒に全力で楽しむ
  • ちょっとした変化
  • しっかりと準備

ここを押さえておけば、だいたい成功します(笑)

そこには、子供達の最高の笑顔と思い出があります。

全力で楽しんだ思い出は色あせません。

10年後、あの夏休みは最高に楽しかったと思い出話に花をさかせることも可能です。

この記事では私がおすすめする夏のイベントやそのために必要な準備品を紹介していきますので是非チェックしてください。

 

スポンサーリンク

夏休みおすすめ 【海】

夏といえば海ですよね。

海開きが全国平均で7月中旬、海に入れるのが8月末まで、、、

海に入れるのって約1カ月ちょっとしかありません。

以外に海水浴をできる期間って短いんです。

そして、天候等を考えると、、、

そいったことを踏まえると海こそ行けるときに、行くのがベストです。

思った時が吉日、迷わずに行きましょう。

え、え、でもどこの海に行こうとお悩みに人。

いつもと違う海に行きたいと考えてる人におすすめしたいのが、

ブルーフラッグを取得しているビーチです。

 

ブルーフラッグを取得しているビーチの特徴

  • キレイな海
  • 人にやさしい海
  • 安心して楽しめる海
  • いろんなことが学べる海

ブルーフラッグを取得している=世界で認められているビーチ。

絶対、行って損はないので、迷った時やどこ行くって悩んでる人には絶対おすすめです。

ブルーフラッグをについて詳しくは下記をご覧ください。

海に行く時のおすすめ品

海といえば浮き輪を忘れてはいけません。

海で遊ぶに飽き時

 

夏の紫外線は強烈です。

焼けた黒い肌も良いですが、社会人になるとほどほどがベター。

むしろオッサンになると焼かないことが正解。

おすすめ日焼け止めは下記をご覧ください。

スポンサーリンク

夏休みおすすめ 【花火】

夏といえば花火です。

花火大会も良いですが、自宅でやる花火も楽しいです。

ちっちゃい子供であれば手持ち花火。

ちょっと大きくなれば手持ち花火+打ち上げ花火を織り交ぜれば飛んで喜びます。

ちっちゃい子供からある程度の子供まで楽しめてしまうのが花火なのです。

そこには、花火の煙が目に染みるといいながらも最高の子供たちの笑顔がそこにあります。

 

スポンサーリンク

夏休みおすすめ 【夏祭り】

各地で夏祭りが開催されるので、この時期行かないのは損です。

盆踊り神輿など夏ならではの催し物は、子供たちの最高の思い出になります。

そして、ありとあらゆる出店が立ち並ぶ。

そのすべてが子供達には魅力的なのです。

大人だってテンション上がりますもんね。

もらった、お小遣いを何に使おうかと悩むあの姿が可愛いのです。

あんず飴で口のまわりがベトベトになる。

ブルーハワイ味のかき氷を食べてベロが青色。

金魚すくいですくえなくて涙する。

夏祭りでは、様々なドラマが生まれ、最高の思い出があります。

金魚のおすすめの飼い方はこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

夏休みおすすめ 【流しそうめん】

流しそうめんと聞いと、めんどくせいってイメージが先行すると思いますが、、、

やってみるとかなり盛り上がります。

大勢いでやった時の盛り上がりはハンパないっす。

なので、お盆で実家に帰った時に家族、兄弟、親戚でやるのがおすすめです。

しかも竹さえ準備できれば、そのほかに準備するものもないのでお財布にも優しい。

ビックダディー家でも夏の定番イベントですからね(笑)

まぁ、実家であれば竹はそこら辺にあるので、竹を調達しましょう。

半分に割って、節をとって適当に繋げればOK。

適当で大丈夫です。

あとは竹に水を流して、そうめん、トマト、かまぼこ、ちくわを流せば盛り上がります。

最後にデザートとしてイチゴ、ブドウ系のフルーツそして、チョコレートなんか流せば最高に盛り上がること間違えなし。

え、え、、竹ないって人は安心してください。

アマゾンでも売ってました(笑)

おい、おい、高すぎだろって人はこちら

まとめ

いろいろ考えるとテンション上がってきますよね。

何をするにもしっかりとした準備は必要です。

しっかりと準備をして、子供たちと一緒に最高の思い出つくりをしましょう。

 

あなたが、一緒に全力で楽しめば子供たちの最高の笑顔がそこにあります。

今日の夏休みは何しよう?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

では、また!

この記事を書いている人 - WRITER -
ラテ
「人生楽しんだもん勝ち」をモットーに色々な事に挑戦中!やりたくなったら直ぐにやってしまう。だから失敗も多い!失敗すら笑いに変えるポジティブ思考の超せっかちな40代おっさんです。読まれていないのにポジティブ思考で好きな事を書きまくる雑記ブログ!最近のマイブームは、利根川、霞ヶ浦のアルミボートでバスフイッシング!?でもブログがマイブームに変わりそうな予感(笑)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ラテのブログ , 2019 All Rights Reserved.