〜浅く広い〜趣味ブログ,バスボート4割,パタゴニア2割

【バスボート釣行】 レイヤリング重要性を再認識

ラテ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ラテ
「人生楽しんだもん勝ち」をモットーに色々な事に挑戦中!やりたくなったら直ぐにやってしまう。だから失敗も多い!失敗すら笑いに変えるポジティブ思考の超せっかちな40代おっさんです。読まれていないのにポジティブ思考で好きな事を書きまくる雑記ブログ!最近のマイブームは、利根川、霞ヶ浦のアルミボートでバスフイッシング!?でもブログがマイブームに変わりそうな予感(笑)

皆さんこんにちは、釣行記を読んでいただきありがとうございます。

冬のバスボートのレイヤリングって難しいですよね。

レイヤリングの難しさと装備の重要性を改めて痛感する釣行になりました。

いや〜いろんな意味で、非常に厳しかった、そして辛かっです。

この記事の目次

釣行内容

では12月3日、利根川の釣行記です。

天気は雨のち曇り、気温は最高8℃、最低2℃、風は北3mでした。

釣行時間7:00~12:00 中潮:満潮7:50(126㎝)、干潮12:43(95㎝)

起床は5時20分、窓をあけると小雨が降っている。

しかも寒い、迷いが生じる意思の弱い自分!

さらに嫁さんが起きてきて追い討ちをかける「雨、降ってるよ、こんな状況で釣り行って風邪でもひいたら承知しないからね」ときつい一言。

でも、この冬は頑張ると決めている。

釣りに行こう、、、

嫁さんの冷たい視線を感じながら、そそくさと準備を進める。

重要なことは何も言わない事。

 

そんなこんなで、上流のスロープに着いたのは6:30。着いた時、雨は止んでました。

風は北風がやや強めに吹いていました。

天気は予報通り、これから晴れる。

また上流まで行こう。

準備を終えスタートしたのが7:00。

昨日の雨の影響を見るため、水門前の乱杭へ行くことにしました。

風はやや強い。

水温は8℃。

水はやや濁りぎみ。

水温はこの前より下がっている。

水温が気になるが、とりあえず朝のフィーデイングの魚を狙うため、スピナベでチェックしましたがノーバイト。

すると雨が降ってきた。

マジかぁ。晴れるって言ったじゃん~

雨は、直ぐに止むだろうと釣りを続ける。

シャッド、ジャークベイトで探るもノーバイト。

フィーデイングの魚はいない。

スローダウンしダウンショットで杭を丁寧に探っていく。

枝、流木が絡んでいところは更に丁寧に、ネコリグも織り交ぜながら探っいくが何も起きない。

けれど雨は止んでいない。

おかしい、天気予報では晴れると言っていたはずなのに。

スマホで天気を調べる。

 

チーン。

昨日と天気が変わってる、、、

10:00まで雨マークが、、、

 

防寒対策はバッチリだが、雨には長時間耐えられない服装できてしまった。

すでにズボンは濡れてびっちょり。

この状態で上流にボートで移動するのは無理。

着替えはこんな時のために、常に車のトランクに入れてある。

とりあえず、スロープに戻ることにしました。

車に戻り、装備をもう一度確認する。

レインウエアは予備としてボートに積んでいるもの。

着替えは、パンツ、Tシャツ、スエット上下。

不安な点は、レインウエアは予備としてボートに積んである物であるということ。

しかし、予備のレインウエアでも10:00ぐらいまでなら耐えられるだろうと準備をしてスロープを出て近場のテトラへ向かったのが8:30。

テトラに着いて水温を見ると8.1℃、シャッドでひと通りながすがノーバイト。

折り返しはヘビダン、その一投目、

ん、違和感

スイープにあわせる。

グッ、グッと引っ張る。

「魚だ!!」

しかし、カバーに絡み出てこない。

強引に引っ張る。

なんとか、出てきた。

「よっしゃー」

と思ったのはつかの間、再度、突っ込む

耐えるが首振りと同時に

「ビュー」っとルアーが外れる。

また、やってしまった。魚は見えた。デカかった。

たまたま外れた?

いや、フックがいけないの?

合わせがいけないの?

もったいない、、、

 

その後も続けてヘビダンで探るもノーバイト。

その後は、冬テトラの王道で攻めまくる。メタルバイブ、レッグワーム、ジャークベイト、シャッドすべて試みるがノーバイト。

雨が止んだら上流に移動しようと思い続けていたが止まない雨。

いやむしろさっきより強くななっている。

時計を確認すると10:20、おかしい10:00頃はに止むって予報。

テトラで今できることはやりきった。

すでに寒すぎて手は死んでいる(爆)

移動しようと考えていたが雨が止んでいない。

空を見ても直ぐにやみそうな感じではない。

しかも、今の服装、装備で長距離移動はキツイ、、、

いや冷静に考えても無理。

とりあえず、乱杭に行こう。

雨がやんだら上流にいこう。

まだ、上流に行くことを諦めてはいない。

乱杭をあの手この手で攻めるがノーバイト、テトラより風が強い、寒い、しかもやまない雨。

でもまだ諦めない。

とりあえず、テトラに行こう。そして、雨がやんだら上流にいこう。

ノーバイト、しかもまだやまない雨。時間は12:00

やはり、予備のレインウエアは予備でした。

服も濡れ始めている。

ここまでよく粘った。

もう、帰ろう。

 

スロープにつき、ボートを撤収してると雲の隙間から見える太陽

こんなもんですよね。

でも、いい写真が撮れたからヨシとしよう。

今日もありがとう坂東太郎!

スポンサーリンク

まとめ

結局、乱杭とテトラを往復して終了してしまいました。

水温8℃とだいぶ下がりましたね。

安定しくれれば、、、

バイトはありましたが、途中は寒すぎて、辛くて、集中して釣りができたいなかった。

ただ適当にやってしまった。

この集中力が切れた原因は明らかで、しっかりとした装備を準備していなかった。

装備の重要性を再認識する釣行となりました。

そして装備のメンテナスも重要ですね。

予備とは言え、レインウエアも定期的なメンテナンスをしていかなければ、使い物になりません。

もう一度、厳冬期のレイヤリング、装備のメンテナンスについて考えようと思います。

寒いですがまだまだ懲りずに行きますよ〜

あ、後片付けしないと!大変なことになってます!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
ラテ
「人生楽しんだもん勝ち」をモットーに色々な事に挑戦中!やりたくなったら直ぐにやってしまう。だから失敗も多い!失敗すら笑いに変えるポジティブ思考の超せっかちな40代おっさんです。読まれていないのにポジティブ思考で好きな事を書きまくる雑記ブログ!最近のマイブームは、利根川、霞ヶ浦のアルミボートでバスフイッシング!?でもブログがマイブームに変わりそうな予感(笑)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ラテのブログ , 2018 All Rights Reserved.