ワイ モバイル UQ 迷いすぎて【徹底比較】お得なのはどっち?

皆さんこんにちは、いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。

格安SIMに変える事は決めていましたが、最終的にどこするのか決めれずにいました。

最終的に迷ったのは、「UQ」と「ワイモバイル」

大手キャリアと変わらない使用感で使いたいのであれば「UQ」「ワイモバイル」この2社で考えればOKです。

でも、この2つで迷いすぎて結論が出せななかったので徹底比較してみました。

徹底的に比較してみたら、違う部分も多数ありました。

正直なところ、「UQ」と「ワイモバイル」どちらでも満足度は高いです。

しかし、細かい部分をつめることで満足度がさらにアップします。

この記事では、「UQモバイル」と「ワイモバイル」基本料金からちょっと細かい部分まで徹底的に比較します。

「UQ」「ワイモバイル」で迷っている方は、是非チェックして下さいね。

そして、私の最終結論を発表します。

ワイ モバイル UQ 【徹底比較】お得なのは?

最終的にUQとワイモバイルの2社に絞られた理由は、

通信速度の安定感を考えたら「ワイモバイル」「UQ」だったから。

私が格安SIMが安いと分かっていながらも、乗り換えできなかった一番の理由

「通信速度が安定感しない」

コレが一番の原因でした。

格安SIMの口コミをみると、

「昼休みや夕方通信速度が遅い」

「通信速度クソ!使えない」

など通信速度について悪い口コミばかり。

やはり、使いたい時に通信が遅いとストレスを感じます。

このことが、どうしても引っかかり乗り換えを先送りにしていました。

でも、この昼休みや夕方の通信速度が遅いというのも結局、使った事はないのでネット等で検索していたイメージが先行していたのも時事。

いざ本腰を入れて格安SIMについて調べてみると。

「ワイモバイル」「UQ」は別格。

昼休み夕方も安定。

など、速度が安定している口コミが多数。

実際に速度を測定しているサイト等でも「ワイモバイル」「UQ」は安定しています。

で結論として、通信速度の安定感を重要視するなら「ワイモバイル」「UQ」この2社となりました。

値段を重要視するのであれば、別の格安SIMが断然安いです。

でも、大手キャリアと同じ使用感でつかえるのは「ワイモバイル」「UQ」だけです。

【結論】

通信速度の安定感を考えたら「ワイモバイル」「UQ」の二択です。

さらに詳しくは、知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

格安 スマホ SIM どこがいい 徹底比較 【おすすめ ワイモバ UQだった】

ワイ モバイル UQ 【比較一覧】

比較一覧はこちら

UQワイモバイル
1.基本料金料金に差はなし

通話オプション選択可能

料金に差はなし

通話オプションコミコミ

2.契約期間しばりなしなし
3.SIMロック解除一部必要必ず必要
4.留守番電話有料(月額/380円)無料
5.通信エリアauエリア

要確認

ソフトバンクエリア

要確認

6.キャリアメール有料(月額/200円)無料
7.データーくりこしくりこし有りくりこし無し
8.家族割2回線目以降/500円割引2回線目以降/500円割引
9.その他なしpaypayで優遇あり

yahoo!プレミアム無料

 

ワイモバイル UQモバイル 【基本使用料】

どちらも似たような料金体系ですがよく見ると違いがあります。

ワイモバイルは、通話料金を含んだコミコミプラン。

UQは通話料金等を選んでプランを組む事が可能です。

なのでライン電話等を積極的に活用するのであればUQのほうが基本料金を抑える事ができます。

ワイモバイル

ワイモバイルは通話料金(かけ放題:10分/回無料)を含んだプランです。

スマホプランSスマホプランMスマホプランL
月額料金2,680円3,680円4,680円
データー量3G9G14G

かけ放題(24時間)はプラス1,000円で選択することができます。

UQモバイル

最重要ポイントは、通話料金が選択可能である事です。

UQのスマホ基本プランは「スマホプランS/M/L」です。

スマホプランSスマホプランMスマホプランL
月額料金1,980円2,980円 3,980円
データー量3G9G14G

次にスマホ音声通話オプションを選択可能します。

音声通話オプション料金
かけ放題(24時間いつでも)1,700円
かけ放題(10分/回無料)700円
無料通話(60分/月まで無料)500円
従量課税(20円/30秒)0円(使った分だけ)

比較

ワイモバイルとUQを比較しやすように、UQかけ放題(10分/回無料)を含んだ料金、UQカケホなしの3種類で表にしてみました。

Y!UQカケホUQカケホなし
月額2,680円1,980円1980円
データー量3G3G3G
通話料金0円700円0円
合計2,680円2,680円1,980円
MEMO

ライン電話等を積極的に活用して基本料金を抑えたい方は通話料金プランを選択できるUQがおすすめ。

その他の現在実施されているキャンペーンがあります。

UQ

UQモバイル通話オプション加入+auID登録でデーター容量が増量されます。

(3G→4G、9G→12G、14→17G)

ワイモバイル

加入月の翌月から6ヶ月間基本料金が700円割引されます。

ワイモバイル UQモバイル【契約期間のしばり】

UQ、ワイモバイルともに解約金はかからない。

ワイモバイル、UQモバイルともに2019年10月から提供開始のスマホプランに加入した方は、契約期間、契約解除料は一切かかりません。

ワイモバイル UQモバイル【SIMロックの解除】

UQ、ワイモバイルともに原則必要です。

UQモバイル

UQモバイルはauの回線を使うため、ドコモやソフトバンクで購入したスマホはSIMロックの解除が必要です。

auで購入したスマホは大丈夫かというとSIMロックを解除が必要な端末もあるので確認が必要です。

ワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンクの回線を利用しています。

なので、ソフトバンクのスマホ端末はSIMロック解除不要かと思いきやそうではありません。

SIMロックを解除していない端末はすべてSIMロックを解除が必要です。

MEMO

ドコモ、au、ソフトバンクをお持ちの方でSIMロックを解除されていない方は、是非この機会にSIMロックの解除をおすすめします。

メリットは多数あって、デメリットは一切ありません。

詳細は、下記を御覧ください。

【簡単】ドコモ iphone 8 SIMロック解除方法 デメリットなし

ワイモバイル UQモバイル【留守番電話】

UQは留守番電話が契約制(月額380円)

UQモバイルは、留守番電話サービスは有料オプションです。

UQが提供する電話基本パックの中に留守番電話が含まれています。

電話基本パック

  • 留守番電話サービス
  • 三者通話サービス
  • 迷惑電話撃退サービス

ワイモバイルは留守番電話が無料

ワイモバイルは申し込み不要、無料で留守番電話サービスを受けることができます。

MEMO

会社員の方で留守番電話サービスがないと困る方は、意外と多いと思います。

なので留守番電話サービスがないと困る方は、ワイモバイルがおすすめです。

ワイモバイル UQモバイル【通信エリア】

UQモバイルはau回線なのでauの通信エリア、ワイモバイルはソフトバンクの通信回線なのでソフトバンクの通信エリアとなります。

都内や都市部では、カバーしているエリアに差はありません。

しかし、地方や山間部、田舎等では、au、ソフトバンクでカバーしているエリアが微妙に違います。

得意エリア、不得意エリアが存在しますので対応エリアを確認しておくことも大切です。

対応エリアを確認する:UQモバイル

対応エリアを確認する:ワイモバイル

ワイモバイル UQモバイル【キャリアメール】

UQはキャリアメール有り(月額/200円)

UQのキャリアメールは、月額200円の有料サービスです。

◯◯◯◯@uqmobile.jpのメールアドレスが提供されます。

ワイモバイルはキャリアメールが無料

ワイモバイルは申し込み、月額無料で、大手キャリアメールと同様のサービスを提供。

◯◯◯◯@ymobile.ne.jp

MEMO

キャリアメールはあるとありがたいですが、私はグーブルが提供しているGmailが断然おすすめです。

でも、キャリアメールもあると便利なのでキャリアメールをどうしても使いたい方はワイモバイルがおすすめです。

格安SIMでメールを使うならGmailが断然おすすめです。

格安SIM スマホ 変えるなら無料 Gmail おすすめ! iphonen 設定方法解説

ワイモバイル UQモバイル【データーくりこし】

UQはデーターくりこし有り

UQは余ったデーターは翌月にくりこすことができます。

しかし、家族内のグールプ等でシェアする仕組みはありません。

「節約モード」という機能があり、上手に使うことでデーターの消費をおさえることができます。

節約モードを使えばSNS&音楽などどれだけ使っても「データー消費ゼロ」

動画を視聴することは厳しいですが、画像、テキストが中心なSNSであれば十分な速度です。

ワイモバイルはデーターくりこし無し

ワイモバイルは、データーくりこしはできません。

MEMO

UQはデーターを翌月にくりこせたり、データーの消費を抑える機能が充実しています。細かなデーター調整等が必要な方、中学生や高校生などSNSをガンガン使う世代の子供がいる方はUQがおすすめです。

ワイモバイル UQモバイル【家族割】

ワイモバイル、UQモバイルともに2回線目以降で500円割引されます。

違いは申し込方法です。

UQはオンライン契約時はできなくて、別途電話での契約になります。

ワイモバイルは、オンライン契約時に申し込み可能です。

MEMO

UQ、ワイモバイルともに2回線目以降で月額500円の割引です。

違いは申し込み方法

UQは別途、電話にて申し込みが必要。

ワイモバイルはオンライン契約時に申し込み可能。

ワイモバイル UQモバイル【その他(PayPay,yahooプレミアム会員)】

その他として優遇されるサービスについて確認します。

ワイモバイル

ワイモバイルユーザーならPayPayで優遇されます。

paypayモール、yahoo!ショッピング、LOHACOのお買い物で5%〜10%のポイント還元を受けることができます。

しかし、超お得といわれると正直、微妙です。

paypayモール、yahoo!ショッピング、LOHACOのヘビーユーザーであれば超お得かもしれませんが、あまり利用してない方には、、、なところもあります。

ワイモバイルユーザーならyahoo!プレミアム会員が無料

ワイモバイルユーザーであれば通常月額462円のyahoo!プレミアム会員サービスを無料で受けることができます。

yahoo!プレミアム会員とは、yahooが提供する有料サービス。

雑誌・マンガが読み放題、お出かけ時に使えるクーポン、機能制限なしでヤフオクに出品可能などのサービスがあります。

私はヤフオクのヘビーユーザーなので、yahoo!プレミアム会員に加入していますが、その他のサービスは正直使っていません。

ワイモバイル UQモバイル【最新お得情報】

UQは6000円キャッシュバックキャンペーン実施中

詳しくは、UQオンラインストアをご覧ください。

ワイモバイルはキャンペーン併用で9300円お得

どこでももらえる特典(3000円)

タイムセール特典(3000円)

事務手数料(3300円)

詳しくは下記をご覧ください。

ドコモ iPhone8からワイモバイルの乗り換えを解説 事前準備が大切

最終結論

比較一覧をもう一度確認しましょう。

UQワイモバイル
1.基本料金料金に差はなし

通話オプション選択可能

料金に差はなし

通話オプションコミコミ

2.契約期間しばりなしなし
3.SIMロック解除一部必要必ず必要
4.留守番電話有料(月額/380円)無料
5.通信エリアauエリア

要確認

ソフトバンクエリア

要確認

6.キャリアメール有料(月額/200円)無料
7.データーくりこしくりこし有りくりこし無し
8.家族割2回線目以降/500円割引2回線目以降/500円割引
9.その他なしpaypayで優遇あり

yahoo!プレミアム無料

※10.お得情報は時期によって変化するのでチェックしましょう。

そして、いろいろ調べた私なりの結論です。

UQモバイルがおすすめの人音声通話オプションが選択可能なので、あまり電話のしない方

ライン電話等を上手に活用できる方

UQはデーターを翌月にくりこせたり、データーの消費を抑える機能が充実しています

なので、中学生や高校生などSNSをガンガン使う世代の子供が多い家族はUQがおすすめです

ワイモバイルがおすすめの人留守番電話機能が必須のサラリーマン

ヤフオクヘビーユーザー

など、付加価値のサービスに恩恵を感じる方

格安SIMをできるだけお得に始めたい方

というのが私が本気で調べて出した結論です。

で私が最終的にどちらを選んだかと言うと

「ワイモバイル」にしました。

理由は以下のとおりです。

電話を結構な頻度で使用するので、かけ放題(10分/回無料)は必須。

なので、UQの通話オプションを選べるメリットは少ない。

その他のサービスでみてみると私はヤフオクヘビーユーザーなので、yahoo!プレミアム会員無料は魅力的です。(月額462円節約)

そして、留守番電話もできれば欲しいサービス。(月額380円節約)

という節約重視の理由でワイモバイルを選びました。

しかし、どちらを選んでも契約期間のしばりがなくなったので、使ってみて自分に合わなければUQに変えてみるのもアリだと考えています。

ドコモ iPhone8からワイモバイルの乗り換えを解説 事前準備が大切

皆さんもそれぞの環境に合わせて選択することで満足度がさらにアップします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です