keen キーン ニューポート H2 速乾性が最高な走れるサンダル!

皆さんこんにちは、いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。

本日は、キーン ニューポートH2のご紹介です。

牛乳大好きラテ

海を全力で走りたい!そんな時ありませんか?

海の開放感、波が打ち寄せる音。

走る理由なんていいんです。

私は知らな間に海が見えたら走ってます(笑)

そんな時に、おすすめなのが本日紹介する「キーン ニューポート H2」です。

キーン ニューポート H2の一番のおすすめポイントは、

MEMO
  • 走れるサンダル
  • 速乾性が最高 

これがキーン ニューポート H2の魅力です。

サンダルなのに走れちゃうんです。

言うなれば、靴見たいなサンダル。

それなに速乾性が最高なのです。

まぁ見た目は、靴見たいですが、、、

川遊び用のサンダルが欲しい。

長く歩くお出かけなので、サンダルではキツイ。

夏休みに旅行に出かけたけれど、サンダルみたいな快適性がほしい、でも歩きづらいのはイヤだ。

こんな夏のお出かけや、夏遊びのシーンに最適です。

夏に最高に似合う水陸両サンダルそれが「キーン ニューポート H2」です。

この記事では、キーン ニューポート H2の魅力について分かりやすく解説、実は子供にもおすすめなんです。

それでは、いってみましょう!

スポンサーリンク

kenn キーン ニューポート H2 速乾性が最高な走れるサンダル

キーン ニューポート H2の特徴は、

「水陸両用サンダル」

山でも川でも都会でも旅行でも最適です。

靴ようなサンダルなので、シーンを選ばず履けるそんな魅力があります。

キーンニューポートの重量は約402gなので普通のサンダルに比べると若干重め。

ちなみにキーンのヨギは約232gです。

サンダルだけれどつま先が保護されているので、川遊びでも安心して履くことができます。

ソールも非常に優秀で、滑りにくく適度な硬さです。

なので、長時間あるくことも可能、そして川遊びも全然いける。

このような性能がキーン ニュポートH2が、水陸両用サンダルと呼ばれる由縁なのです。

次にキーンニューポートH2の魅力についてお話ます。

キーンニューポートH2の魅力

  • 走れるサンダル
  • 速乾性が最高 

それぞれについて解説します。

走れるサンダル/速乾性が最高

キーンニューポートH2は非常にホールドが優れたサンダルです。

このかかと部分と、全面の編み編みの構造でしっかりと足をホールドしてくれます。

なのでサンダルなのに、走れちゃいます(笑)

だから流れの川や波が打ち寄せる海でも、脱げる心配がいらないので安心して履くことができます。

しかし、キーン ニューポートH2は、靴みたいに脱げにくいけれど、速乾性にすぐれています。

ボディは、速乾性に優れ、水や汚れに強いポリエステル素材を使用しています。

ソール部分も速乾性のすぐれたライニング使用しています。

夏の定番の遊びである川や海で遊び。

川は流れがあるのでサンダルじゃキツイ。

でも、石があるので素足じゃ危険です。

そんな時は、靴を履いてしまうような時ってあると思います。

それもアリですが、

靴が濡れてしまいその後、履けない。

もう一足靴を持っていくしかない、となってしまいます。

しかし、キーン ニューポートH2であればそんシーンも大丈夫です。

靴のように脱げにくくて川遊びも問題ない。

キーン ニューポート H2【子供が履いても最高】

キーン ニューポートH2は、子供用もあります。

夏は子供と一緒に履いています。

子供の夏の定番遊びに最適です

  • 川遊び
  • キャンプ

どんなシーンでも安心して履くことができます。

そして、靴みたいにいちいち履き替えなくてもいいのが魅力です。

目の前に川があればすぐ行きたくなるのが子供。

キーン ニューポートH2は、水陸両方なのでそんなシーンでも、

  • 靴が汚れる
  • 靴が濡れる

そんな心配をする必要はありません。

気を使わなくていい事は、大人にとっても最高です。

たとえ川や海で遊んで濡れたとしても、速乾に優れているのですぐに乾くので気になりません。

夏の思いで作りに最適なギミックがいっぱいのサンダル、それが「キーン ニューポートH2」

若干、大人用とは構造が違います。

大人には付いていない、ベルトがついていて、さらに履きやすくなっています。

キーン ニューポート H2【サイズ感】

私はキーンニューポートH2は、29cmを履いています。

キーン ニューポートH2は、小さめに作られているサンダルだと私は感じます。

なので、普段履いているサイズよりワンサイズ大き目がおすすめ。

参考に普段履いている靴のサイズを参考に記載します。

キーンヨギは素足で履いて28cmでジャストサイスです。

大きすぎず小さすぎない感じ、厚めの靴下を履くとややキツイ。

キーン ジャスパーも28cmです。

その他に履いている靴は、

アシックスのランニングシューズは27.5cm

ナイキは、27.5cm

こんな感じです。

キーン ニューポート H2【デメリット】

キーン ニューポートH2のデメリットはずばり値段が高いことです。

キーン ニューポートH2の定価は「14,300円」、、、

いくら良いサンダルだからと言って1万超えは、正直、出せる金額ではありません。

でも、楽天やアマゾンで購入すれば価格を抑えることが可能です。

さらに型落ちやサイズによっては、激安で販売されています。

キーン ニューポートH2【SNSでの口コミ】

次にTwitterでの口コミを確認しましょう。

Twitterでの口コミも夏にアウトドアシーンで大活躍しています。

まとめ

キーン ニューポートH2は、ちょっとお高いですが、夏におすすめのサンダルです。

キーンニューポートH2の魅力

  • 走れるサンダル
  • 速乾性が最高 

川遊びや海や山、夏のアウトドアシーンにベストなサンダルです。

そして、夏だけでなく靴下を履けば通年通して履くことができます。

いつも履けて、便利な靴を購入すると考えれば、1万円は決して高くないと私は思います。

夏の最高の思い出作りに「キーン ニューポートH2」は如何でしょうか?

キーンのヨギも非常におすすめのサンダルです。

【keen】キーン ヨギ おすすめ サンダル 限定が最高です!

キーン ニューポート H2におすすめなビーチ

【日本のブルーフラッグ】夏の思い出は最高のビーチがオススメ!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

では、また!

2 COMMENTS

アバター ちかちゃん

こんにちは。
キーンのサンダル、私も愛用しています。
今までニューポートH2を二足、ウィスパーを一足使って居ます

夏は子供達とお揃いで履いています。私の所感としては使っていく上で全体的に少し緩み、サイズが大きくなるかなぁと言う印象です。
フットコンを使うのを前提で行けば、ニューポートよりソールの柔らかいウィスパーが私としてはオススメですね

返信する
ラテ ラテ

ちかちゃんさん

こんにちは
コメントありがとうございます。
サイズの件ですが、キーンのヨギを初めて購入した際に28cmを購入し、ジャストサイズだったのと靴下を履いて冬も履きたかったので29cmを購入しました。アマゾンで29cmが激安だったのは内緒です(笑)ボートでは、キーンヨギをよくはいています。ウィスパーの存在を知らなかったです。ググってみたら良さそうなので今度試着してみますね。
今後とも当ブログをよろしくお願いします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です