釣り人にオススメ【日焼け止めとケアの基本】最強 日焼け対策!

皆さんこんにちは、いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。

アウトドアレジャー切っても切れないのが「日焼け」です。

日焼け対策として、長袖シャツやキャップなどのウエアで対策する方法と日焼け止めなどを使用して対策する2種類があると思います。

この記事ではわたしがオススメする「日焼け止めとケアの基本」を紹介します。

日焼け止めといっても、店頭には多くの商品が並んでいてどれを買えばいいの?ってなりますよね。

SPF、PAって何?

とりあえず、お店のオススメ商品を購入しよう。

など曖昧な基準や目線で商品を購入している方は多いと思います。

しかし、用途に合わせた商品を購入して使用しなければ、能力を十分に発揮できません。

最悪、日焼け止めを塗ったのに日焼けをしてしまったという状況に。

なので、日焼け止めの基本的知識を学ぶことは非常に大切です。

でも、早くおすすめを知りたい方はこちらを購入して下さい。

ラテ

私が愛用しているニベアの日焼け止めクリームです

この記事では、

  • 日焼けがもたらす怖い事実
  • 日焼け止めの基礎知識
  • おすすめ日焼け止め
  • 日焼けのアフターケア

を分かりやすく説明していきます。

それでは、私の考える「日焼け止めとケアの基本」を分かりやすく紹介していきます。

スポンサーリンク

釣り おすすめ日焼け止め 日焼けがもたらす怖い事実

なんで、日焼けがダメなの?

夏こそ日焼けでしょと考えている人もいると思います。

夏の日焼けしている姿はカッコいい!

日焼け=すべて悪と言うわけではないです。

適度な日光浴が健康的とされています。

しかし、あくまで適度です。

夏であれば15分〜30分程度で十分と言われています。

釣りやアウトドアとなれば半日以上、最悪1日屋外にでっぱなしなんて事も珍しくないと思います。

それでは浴びすぎてしまうとどうようなリスクがあるのか。

日焼けのリスク
  • 皮膚ガンや病気
  • 皮膚の老化
  • 疲労

日焼けのリスクは主にこの3点です。

日焼けの原因となる紫外線を長時間そして長年浴び続けると蓄積されて皮膚ガンなどの病気になるリスクを高めます。

また、強い日差しにより肌の乾やシミなどの皮膚の老化の原因ともなります。

シミやたるみといった老化の原因の8割は紫外線が原因といわれています。

それじゃ、紫外線を防げば老化を防げるということになります。

そして、日焼け止め等で防御しなかった肌は、軽度なヤケドしている状態と同じです。

日に焼けてヒリヒリと痛む肌は、釣りやアウトドアで作業をしている時、体力や集中力を奪います。

キャストが決まらないなど、魚が釣れなくなるだけでなく集中力の低下により事故等のリスクすら高くなってしまうのです。

その日でヒリヒリが治れば良いですが、軽度のヤケドといってもその日レベルでは治りません。

最悪、次に日にまで影響を及ぼすのです。

日焼け止めをしないでアウトドア遊びをするということは、

ヘルメットを被らないでバイクに乗るのと一緒!

そのぐらい、危険なことをしているのと同じなのです。

そしてもう一つ忘れてはいけないのは、釣りやアウトドアのを行なっている場所は上からだけでなく下からも紫外線を浴びているということです。

太陽の光は通常上から降り注ぐものですが、釣り人の場合は水面からも反射等によって浴びているのです。

紫外線の反射率は水面で約20%、砂浜で約25%と言われています。

結構な反射率です。

なので、キャップやウエアだけでは防ぎきれない部分のあるのもと理解することが重要です。

日焼け止めの基礎知識

SPF,PAって何?

店頭には多くの商品が陳列されています。

その陳列されている商品の説明でよく目にするのがSPFPAという表記。

簡単にいうと、ドラクエの防御力みたいなものです。

数値や+の数が多ければ防御力が高いということ。

ラテ

日焼け止め最強商品を購入したければSPF50+、PA++++を購入して下さい

詳しく解説すると次のとおりです。

SPFとはSun Protection Factor(サンプロテクションファクター)の略で主に紫外線B波を防止しする目安の数値です。

数値が高ければ高いほど効果が高くなります。しかし、SPF50+であれば50時間効果が持続するわけではありません。

簡単に説明するならSPFは防御力の数値で、高ければ高いほど防御力が高くなります。

PAとはProtection Grade of UVA (プロテクショングレイドオブUVA)の略で紫外線A波を防止しする目安の数値です。+の多さが紫外線A波に対する効果の高さを示します。++++、+++、++、+の4段階があり+が多いほど効果高いです。

じゃ、数値が高いもの、+が多いものを買えばいいじゃんとなりますが、忘れていけなのは数値が高い+が多いほど、肌への負担は大きということ。

なので、状況によって使い分けるということが肌への負担を減らします。

しかし、釣り人やアウトドアといった日差しの強い環境化での使用を考えれば

「SPF50+、PA++++」

俗に言う最強系がおすすめです。

使用する時のポイント

日焼け止めは1回塗れば1日中効果が持続するわけではないです。

日焼け止めの、持続時間は環境によって変化するが1〜3時間とされている。

釣りをして、汗をかいたりすれば流れ落ちてしまうことを考えればなおさらである。

なのでこまめに塗り直すことが大切!

夏の日差しは想像以上である。

適度な休憩も大切、休憩したのならば塗り直すぐらいの気持ちでいましょう。

おすすめ【最強】日焼け止め

ニベアサン 高密着ケア UVミルキィジェル 80g SPF50+ PA++++

するっとのびて、ベタつかないので非常に塗りやすいので肌への負担感も少ない。

高密着で汗・水に強いUVミルキジェル。

汗をかいても、泳いでも紫外線カットの効果が長続き。

まさに釣り人のための日焼け止めと言っても過言ではありません。

米国FDA試験法に則った試験を実施し、80分間の耐水試験をクリアしています。

ラテも使用している商品です。

大正製薬 コパトーン パーフェクトUVカットジェルクリーム

肌は焼け方は生まれつきのスキンタイプでタイプに別れているをコンセプトにした商品です。

スキンタイプ別に3つのタイプに別れています。

コレはまさに求めていた商品。

次はコレを購入してみようと思っています。

出典:大正製薬商品情報サイト

アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク SPF50+/PA++++ 60mL

ウチの嫁さんは絶対に焼きたくない時や長時間屋外にいるときなどはこの商品を使っています。

ネットで口コミを見てもアネッサ最強、絶対に焼きたくないときはアネッサといった評判の良い口コミばかり。

汗・水にふれると、UVブロック膜が強くなる「アクアブースター技術」がさらに進化し、タオルなどによるこすれにも強い。

強力だけど石鹸でスルリと落ちる⇐女性的には非常に重要だそうです。

商品価格が若干高めですが、非常に伸びがよく塗りやすのでコスパも抜群。

嫁さんイチオシの商品です。

日焼けのアフターケア

どんなに高機能なウエアや日焼け止めで防いでも焼けてしまうのが肌。

釣行を繰り返すたびに蓄積されていく肌へのダメージ。

もう取り返しのつかない状況かもしれない。

しかし、物事をはじめるには遅いということは無い。

思った時が吉日。

今日から肌のケアをはじめよう。

私はすでに始めています(笑)

まずはアフターケアの方法は主に2種類。

火照った肌を冷やすこと。

乾いた肌をローションなどで保湿してあげること。

この2つをしてあげればOKです。

肌を冷やす方法は冷やしたタオルなどを焼けた肌にのせてあげればOKです。

保冷剤などを使用すると肌を冷やしすぎて、逆にダメージを与えてしまうので注意が必要です。

え、え、でもローションとかは、どれを買ったら良いの?とお悩みあなたは下記の参考にして下さい。

ローションですが、ワタシ的には高いものは入らない。

非常に口コミが良い商品で私も愛用しています。

もう一つのオススメは

コレは子供のあせも用に嫁さんが購入したもので、日焼け後にケアに使ってみたら最高でした。

日焼けに後のケアにもオススメですが、子供あせも対策には絶大な信頼をおいています。

嫁さんはコレしか買わない。

それぐらい信用しているので間違えないはずです(笑)

子供のあせも対策+日焼け後のケアにもオススメと聞けば購入しない理由が見つからない。

私的にはこの2つで十分だと感じています。

上をみればキリがない。でもヤラないよりはヤッタほうが良いって事です。

まとめ

どうでいたか、たかがUVケアですが調べれば調べるほど奥が深い。

この記事を読めば分かるように完全に防げる、日焼け止めはありません。なので、ウエアや日焼け止めを合わせて使用してすることが大切です。

私がオススメするウエアはこちらの記事をご覧ください。

パタゴニア 夏のUV対策 おすすめ 3選 バス フィッシング

そして、釣行後のアフターケア!

日焼け止めをしている肌がカッコいいなんて思っているのは自分だけ。

数年後にはシミやたるみでお肌が大変な事に。

紫外線を防いで、日焼け後のケアとても大切です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です