〜浅く広い〜情報ブログ【きっとみつかるお得情報】

【閲覧注意】フックが親指にフルフッキング 女医の治療が凄かった

ラテ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ラテ
「人生楽しんだもん勝ち」をモットーに色々な事に挑戦中!やりたくなったら直ぐにやってしまう。だから失敗も多い、ホントに多い。 でも、決して折れない鉄の心を持っているポジティブで、超せっかちな40代おっさんです。 失敗から導きだされる成功の方程式をブログにて発信中 きっと、気になる失敗(記事)が見つかるはずです!

皆さんこんにちは、いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。

先日、釣りに行った時、魚からフックを外そうとした時に親指にトレブルフックがフルフッキングしました。

嫁さんに怒られる。

病院で痛い思いをする。

治療費。

時間がかかる。

散々な思いをしました。

しかし、悪いのはすべて私なんですよね。

魚をかけたのも自分。

フックを外すためのプライヤーを持っていかなかったのも自分。

家族に迷惑をかけたのも自分。

趣味は最高ですけど、迷惑をかけちゃだめです。

大人として、いやオッサンとして失格です。

言い訳なんかするつもりもないです。

で、でもこの体験を通して色々と感じて、そして分かったこともありました。

是非、この面白い情報(笑)

間違えました。

有益な情報を共有して皆さんのお役にたてればと思い記事にしました。

  • 体験談(なんでこうなったのか)
  • 病院での治療費、治療方法、裏話
  • ラテの意見

などなど、この記事を読めば、プププとなったり、ほうほう納得!といった内容満載です。

今後の釣果UPには繋がりませんが(笑)、釣り人として読んで損は無い内容ですので是非、チェックしてくださいね。

【閲覧注意】

指にフックが刺さっている写真も掲載しています。

そういった画像等が苦手な方や不快に感じる方は閲覧をご遠慮下さい。

 

スポンサーリンク

 

親指にトレブルフックがフルフッキングした件

その日は、家の近くの川に自転車で釣りに行きました。

この時期は、川の水も増えて魚も流入河川に入ってくる時期なのでよく釣りに行きます。

この日の釣りの目的は、この前購入したルアーの動きのチェック。

なので、持ち物はロッド1本とルアー1個でした。

これが悲劇のはじまりでした。

ポイントに着きルアーの動きをチェック。

釣れそうな動き!

ルアーの動きも確認できたので、ココという場所にルアーを投げる。

あ、あ、釣れそう思っていたら、ジュポとルアーが水面から消える。

やっぱりね~なんて調子に乗る!

ん、ん、ん、でもどうやらバスではない感じ。

このポイントでは今まで、ナマズ、ニゴイ、雷魚など様々な魚種を釣りあげています。

今回はニゴイさんでした。

でも、私、コイのあの口が苦手なんです。

魚を触るとかは全然平気!

でも。あの口はどうも受け付けない。

そんな時に限って、口の良いところにフックが刺さっている。

口が気持ち悪いと思いながら、フックを外そうとするが外れない。

こんな時に限って、プライヤーの入ったバックは持ってきていない。

じゃ、何とか外すしか無いなと心を決めて外そうとした時、魚も最後の力を振り絞って暴れる!

あ、痛って思った時には、親指とフックが結合!

更に暴れる魚!

そりゃ~魚だって命がけ。

こっちも、これ以上、暴れられら指がヤバイ!

フルパワーで挑み何とかフックを外しました。

魚を川に逃してあげて指を確認すると。

フックと親指がフルフッキング状態

やってしまった。

ちょっと刺さっていて、頑張れば外れる。

そいうレベルではない。

俗に言う、良いとかかってる。

コレ、絶対に外れない。

そんなエグい状態です。

 

もう、ココにいてもどうにもならないので家に戻る事にしました。

嫁さんも仕事を終え家に帰っているころ。

帰って嫁さんに相談すると。

相変わらずアホだね~

病院いくしかないでしょう。

病院の連絡するよ~

あ、ありがたい。

嫁さんがいて良かった(笑)

私はとりあえず、手を綺麗にして、再度状況を確認すると。

コレは良いフッキングしてる。

絶対に外れないやつ。

 

消毒しようとマキロンを探すがみつからない。

嫁さんに聞くと、どうやら切らしているらしい。

なので、消毒を諦めて、何かできないか考える。

ん、ん昔どこかでフックの外し方の動画をネットでみたことあるような。

なので、ネットで検索開始。

でも、利き手である右手の親指にフックがあるので左手で操作。

上手く動かせない。でもなんとか発見!

ストリング・ヤンク・テクニック

詳しくはこちらをご覧下さい

 

コレならいけるかもと思い、嫁さんに相談しました。

病院に連絡して確認したところ、

「外せるかもしれない、けれど来てみないと分からない」

と曖昧な回答でした。

自分で外すテクニックもわかった。

自分で外すか、病院に行くか迷う。

正直、病院というものを信用していないのが自分の考え。

凄い先生がいるのは分かっているが、その先生がいるとは限らない。

大概、夜間にいる先生はあてにならない先生が多い!

だったら、自分でやっても変わらないという答えになる。

しかし、嫁さんの冷静な判断。

自分でやるのはいいけれど何かあったら迷惑するのは私達だから病院にいこうと。

コレ、以上迷惑はかけれないので、嫁さんの意見に従うことにしました。

子供は実家に預けて病院に。

嫁さんがいくつかの病院に連絡したけれど、どの病院も回答は一緒。

なので、そのなかでも信用できる病院にいきました。

 

スポンサーリンク

病院での治療、費用

病院に着いたのが20時ぐらい。

金曜日の夜間、まぁ~混んでました。

初診だったので、受付をすまし待合室で待つこと約1時間30分。

やっと呼ばれて治療室にはいりました。

先生は若い30代前半ぐらい。

名札を確認すると泌尿器科。

コレはヤバイかもと直感が働く。

どうでもいい時は当たらないが、こんな時の直感は当たる。

話し、動きに冷たさしか感じない。

そこには、病院のオアシスである優しい看護婦さんも隣にはいない。

なぜだ。

忙しいのか、釣り針の取外しには必要ないと判断されたのか?

そこにいるのは冷徹の塊と私。

終わった。

 

でも、俺には帰りを待っている嫁さんと子供がいる(笑)

コレは覚悟を決めて彼と対峙し、治療と向き合い、そして家に帰ろう。

もしかしたら、冷徹だけれどテクニックは一流かもしれない。

ココはポジティブに。

先生が指を確認すると、とりあえず麻酔をかけてフックを取り外すとの事。

ん、ん、麻酔をかけて外すことは分かった。

でも、どうやって外す?

先生に聞いてみる。

麻酔をかけ、フックを切断し外すとの回答を得る。

全然、治療のビジョンが見えないし、患者である私には伝わらない。

しかし、コレ以上聞いてもアレなのでやめました。

すると、先生が麻酔の道具を持ってやってきた。

私の前で無言で準備を進める。

病院で向かう車中、嫁さんから指先の麻酔はチョー痛いと言われたのを思い出した。

とにかく指先は痛みに敏感だからヤバイとのいう内容である。

しかし、俺はどちらかといえば痛みには強い。

嘔吐反射は神レベルだが痛みには強い。

いけるはず。

先生は作業を進める。

かける言葉は必要最低限。

そして、その言葉に感情はない。

iphoneのシリ(siri)のほうがまだ優しい。

そんな底辺レベルの接遇で麻酔開始。

う、う、痛い。

そりゃ~、痛みも2倍増し。

 

1箇所目は気絶

2箇所目はやや麻酔がきいて白目

3箇所目は悶絶

合計3箇所、麻酔をした記憶しかありません。

指先の麻酔は想像を遥かに超える痛みでした。

麻酔がきくのをしばらく待って治療が再開される。

次は大きなペンチで、トレブルフックの刺さっていないフックを切断を始める。

理由は作業をするのに危ないからと言っていた。

そうすると、奥から

「大丈夫」と女性の声が聞こえた。

看護婦さんキター

これで、優しい言葉をかけてもらいえる。

今、私の心はボロボロ!

メンタルの助けが必要。

ん、ん、ん。、、、

どうやら、看護婦さんではない、上司の女医さん

しかも、喋り方からヤバイ系とまた変な感が働く。

喋り方で判断するのはアレだが、第一印象の大切さを痛感する。

「そうそう、フックを切断してクリっと刺してフックをだせばとれるよ」

「だって、私はいつもコレで取れないことないから」

先生的にはこうである。

フックは違うが女医さんのプラン

 

フックを切断。

切断下側からくるりと外す。

いや~待て、女医さん。

俺の指のフルフッキングみてないかコイツは心の中で叫ぶ。

このやり方ができれば病院なんか来てない。

ホント、アホなのか?

コレは心の叫び。決して口にはしてないので安心して下さい(笑)

あまりにも不安になるり、このフックでそれできますと聞いてみた。

指を観察する女医さん。

「ん~よくココまで刺したね」

「コレは無理かも」

「じゃ~切開するしかないね」

どうやら、メスで切り開いてフックをとるプランらしい。

フルフッキングのフックをメスで切り開く。

それ、手術レベルじゃね~か。

や、やばい、

泌尿器科と女医のコラボは半端ない。

このままの治療の流れだと、治癒なおるまでに時間をかかる。

しかも、利き手の親指が使えないなんて仕事にも影響が、、、

なので、ココで思い切って病院に行く前に調べた

ストリング・ヤンク・テクニック

を提案してみた。

ユーチューブの動画もあったので、それも先生達にみせる。

「うーん、私は聞いたこと無いね」と女医さんが答える。

今、麻酔している状態であれば、イケるとゴリ押しする私。

しかも、こんなこともあるかPEラインも準備してあることを告げる。

「じゃ~やってみよう、あなたの指だし」と女医さん

悪いのは私なのでどんな言葉をかけられてもしかたがないが。

自分の指だからいいんじゃないか発言

百歩譲って、この発言はないと思う。

コイツも終わってる。

 

しかも、冷静に考えると恐ろしい光景である。

患者である私が、病院の先生にユーチューブを見せて治療方法を提案する。

まさに、地獄絵図。

しかし、ここまできたら自分の納得できる治療で外れなかったら諦めもつく。

頑張って外そう。

PEラインをフックに結び準備する。

この作業も自分でやった。

次にPEラインを誰が引っ張るのかが問題となる。

いや、どう考えても、女医さんか泌尿器科の先生の二択。

バカでも分かると思う。

しかし、引っ張り方の説明をしてると、

「じゃ~あなた引っ張れば、あなたの指だし」と女医さん。

でた、あなたの指だし。

もうココまで来ると呆れて何もいえない。

言う気にもならない。

最終的には私が左手で引っ張るの事に。

麻酔がきいていたので迷いなく引っ張ることができそのままスポッんと外れました。

「簡単に外れるんだね」と女医さん

いちいち感にさわる女医である。

頭が超ー良いのはわかる。

しかし、欠落している。

どんなに頭が良くても人間としても魅力はない。

「ハイ、お土産」

「記念に持って帰れば」

取外したフックをくれました。

お土産付きの良い病院!

最高でした、チーン!

 

でも、全て悪いのは自分である。

このことは忘れてはいけない。

コレを忘れたら女医さんと一緒。

どんな形にせよ、外してくれたことに感謝しよう。

ありがとうございます。

治療に1時間、

その後、会計に1時間

帰宅したのは、午前様。

最後まで付き合ってくれた嫁さんには感謝しかない。

余談ですが、治療途中にこういったフックが指や体に刺さる人は珍しいのか聞いてみた。

結構な頻度で来るらしいです。

しかも、女医さんはフックの取外し経験豊富(笑)

 

治療費

 

治療費 ¥5,230

選定医療費(初診)時間外 ¥5,400

合計 ¥10,630

 

 

治療費ですが、病院によって初診料、時間外等違いがありますので参考程度度お考え下さい。

5000円ぐらいだろうと思っていたので、ここでも撃沈され身も心もボロボロになったのは言うまでもありません。

スポンサーリンク

ラテの意見

私がこの記事で伝えたいことは、女医さんの素晴らしい治療ではありません(笑)

趣味は完全に自己満足の世界です。

趣味をやる上で、迷惑をかけることは絶対にはあってはならないことです。

今回は、私がフックを外すためのプライヤーを持っていなかったことが原因です。

治療うんぬんではなくて、悪いのはプライヤーを持っていかなかった自分であり、その心の甘さ。

今日は、大丈夫だろう。

危険はこういった心のスキが大好物なのです。

今日は大丈夫でも、きっといつかはヤラれます。

最低限釣り人としての備えをしましょう。

おすすめプライヤーはこちら

フック取り外すテクニックはこちら

マキロンはきらさず家に常備しましょう。

 

趣味は楽しむものですが、その過程で迷惑をかけるようなことがあっては絶対にダメです。

オッサンが、あ、アノ人カッコいいなと思える人って、そういうところがしっかりしていて、オーラをまとってます。

オッサンとしてカッコよく趣味を楽しんでいきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

では、また!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ラテ
「人生楽しんだもん勝ち」をモットーに色々な事に挑戦中!やりたくなったら直ぐにやってしまう。だから失敗も多い、ホントに多い。 でも、決して折れない鉄の心を持っているポジティブで、超せっかちな40代おっさんです。 失敗から導きだされる成功の方程式をブログにて発信中 きっと、気になる失敗(記事)が見つかるはずです!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ラテのブログ , 2019 All Rights Reserved.