〜浅く広い〜趣味ブログ,バスボート4割,パタゴニア2割

【グラブガード】ファットイカにマスト・伊藤巧プロもオススメ!

ラテ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ラテ
「人生楽しんだもん勝ち」をモットーに色々な事に挑戦中!やりたくなったら直ぐにやってしまう。だから失敗も多い!失敗すら笑いに変えるポジティブ思考の超せっかちな40代おっさんです。読まれていないのにポジティブ思考で好きな事を書きまくる雑記ブログ!最近のマイブームは、利根川、霞ヶ浦のアルミボートでバスフイッシング!?でもブログがマイブームに変わりそうな予感(笑)

皆さんこんにちは、いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。

グラブガードってご存じですか?

はい、この変哲もないフォルム、、、

私も始めて見たとき、どうやって使うの?って感じでした。

これは、フアットイカなどのワームの先端に取り付け使用するものです。

正直、こんなの付けても変わらないよと私も思ってました。

しかし、とりあえず使ってみようと、ファットイカに取り付けてみました、、、

 

アラ不思議、釣果が上がりました。

 

え、え、嘘だろ~って疑いますよね。

でも、嘘じゃないんです。

私も今シーズンから取り付けましたが釣果上がってます。

では、なぜかを考えてみました。

その理由は、、、

 

すり抜けが良くなる

   ↓

釣りのテンポ、リズムが良くなる

   ↓

  釣れる

 

という結論にいたりました。

おい、おい、テンポが良くなってるだけじゃんって思うかもしれませんが、

バスフィッシングに置いてテンポ、リズムは非常に重要です。

ちょっとした引っ掛かりで回収が雑になる。

根がかりでイライラ。

ちょっとした引っ掛かりや根がかりによりテンポ、リズムは簡単に崩れます。

そして、おのずと魚も釣れない、、、

みなさんもこんな経験があると思います。

このグラブガードは、そんなちょっとした引っ掛かりを解消しくれます。

このちょっとしたことの積み重ねが、釣果アップに繋がります。

この記事ではグラブガードの特徴や使い方を分かりやすく解説していきますのでぜひチェックシて下さいね。

スポンサーリンク

【グラブガード】伊藤巧プロも使用

そもそも私がグラブガードを使うきっかけとなったのが下記の記事です。

伊藤巧プロといえばノリーズプロスタッフで田辺哲男プロの愛弟子でTBCでも活躍しています。

2019年からアメリカのトーナメントにも参戦。

伊藤巧プロは、今や誰もが知る若手注目度ナンバーワンのプロです。

私が良く行く河川でもある利根川。

そして、伊藤巧プロが利根川で多用している。

なんて聞いたら使わずにはいられません。

私もファットイカが大好きだったので迷わず導入しようと釣具屋へ、、、

でも、売ってない。(2017年8月頃)

どうやら、一時廃盤になり復活したのが2017年11月頃

復刻した理由は定かではありませんが、伊藤巧プロ等の影響なのかもしれません。

出典:ゲーリーヤマモトホームページ

 

スポンサーリンク

【グラブガード】 メリット・デメリット・使い方

メリットは、すり抜けが格段に良くなることです。

逆にデメリットは、使用したとしてもそれぐらいしか良くならないこと。

ファットイカでの使用を前提で考えると、ルアー回収時にしかそのメリットを感じることができません。

なので、ファットイカで使用する際は、ルアー回収時にすり抜けが良くなること。

この部分にメリットを感じない人は使用しなほうが良いです。

しかし、このルアー回収時のストレスは結構、釣果に直結します。

ファットイカを使うシチュエーションはカバーで魚が浮いている時。

ファットイカがいくらバックスライドでホールしていくといってもある程度カバー奥に打ち込む。

さらにバックスライドでカバーの最奥へ。

カバー最奥からのルアー回収なので引っ掛かかりやすい。

始めは良いですが、打ち続けていくと集中力が低下。

ルアーを無理に回収→枝にラインが絡む、ルアーが見切れする。

負のスパイラル。

これでは、魚も釣れません。

なので、バックスライド系でのルアー回収は非常に重要と言うことです。

そのバックスライド系ルアーのキモでもあるルアー回収時のストレスを軽減してくれるのが、

グラブガードなのです。

ファットイカにグラブガードを使用するとルアー回収が非常にスムーズになります。

それはどうしてか?

ファットイカにグラブガードを取り付けた状態です。

グラブガード付けてない状態

グラブガードを付けていない状態だと、スカートの部分が平なのでそこが枝等に引っ掛かります。

グラブガード装着すれば

グラブガード未装着だと

になり引っ掛かやすくなります。

ルアー回収時の枝の引っ掛かり具合を再現

一目両全ですね。

グラブガードの使い方は簡単です。

繋がった状態でパッケージされているので、ハサミで切断します。

後は簡単、ラインを通す穴も開いているので穴にラインを通しすだけ。

通したら、フックと結べはセット完了です。

シンカーストッパーで止めます。

そしてシンカーストッパーも重要らしく伊藤巧プロはリューギのコンボストッパーを使用しています。

スポンサーリンク

まとめ

グラブガードを付けることはちょっとしたことかもしれません、、、

グラブガードを付けたからといって、動きが劇的によくなったりするわけではありません。

でも、

釣果にアップにはそんな些細なことの積み重ねが重要なのです。

あれ、グラブガードってファットイカ専用?

私も勘違いしていましたが、考え方次第ではグラブガードの可能性は無限です(笑)

出典:ゲーリーヤマモトホームページ

グラブガードの無限の可能性を試したい方は是非購入してみてくださいね(笑)

伊藤巧プロイチオシカラーのフットイカ!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

では、また!

この記事を書いている人 - WRITER -
ラテ
「人生楽しんだもん勝ち」をモットーに色々な事に挑戦中!やりたくなったら直ぐにやってしまう。だから失敗も多い!失敗すら笑いに変えるポジティブ思考の超せっかちな40代おっさんです。読まれていないのにポジティブ思考で好きな事を書きまくる雑記ブログ!最近のマイブームは、利根川、霞ヶ浦のアルミボートでバスフイッシング!?でもブログがマイブームに変わりそうな予感(笑)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ラテのブログ , 2019 All Rights Reserved.